水性ウレタン塗料は、低VOCで僅かな樹脂臭しかなく、稼働中の施設でも作業が可能になりました。しかしフローリングのリフォーム(=サンダー掛け)作業を考えた場合には、大量の粉塵が発生し、飛散した粉塵を掃除して取り除かなくてはいけませんでした。
そのため商業施設のテナント等においては、作業前に大量の養生作業を必要としましたが、弊社が導入したBonaダストケアシステムによってこれらの手間が必要なくなり、飛散する粉塵によって作業の制約を受けるような現場でのサンダー掛け作業を可能にしました。 このことは、結果、作業者の健康面や作業環境の劇的な改善にもつながりました。

耐久性に優れたBona水性ウレタン塗料とBonaダストケアシステムのコンビネーションによって、マンションや一戸建て住宅、ショッピングモールやそのテナント、その他公共施設など、休館しない限りはサンディング作業が不可能と思われてきた施設での、フローリングリフォームが可能になったのです。

Bonaダストケアシステム
Bonaダストケアシステム
Bonaダストケアシステム

従来の作業風景

従来のサンディング作業

大量の粉塵が発生し、人体にも環境にもよくない作業を行っていました。

木紛が舞わないダストフリーサンディング

サンディング作業時に発生する木紛じんは、環境を汚すだけでなく、肺に入り込み人体にもおおきな健康被害を与える恐れがあります。日本及びスウェーデンにおいて定められている木紛じんの作業環境許容濃度は、それぞれ「4mg/㎥」と「2mg/㎥」です。弊社が推奨するBonaサンディングシステムでは、その粉じん発生量は01.mg/㎥と、その値を大きく下回ります。労働安全衛生法における事務所衛生基準規則の値をも下回っていますので、粉じんは普段の職場と変わらないレベルを実現しています。

Bonaダストケアシステム